記事一覧

足跡

シャインマスカットがおいしい季節。だいぶ涼しくなってきたので暗室作業に取り組む。いくつかたまっていたネガからベタ焼き(コンタクトプリント)を作る。ベタ焼きはその名の通りネガを印画紙にベタっと密着させて作る。36枚撮りのフィルム一本分の写真が一枚の印画紙に小さく並んでいるものだ。一枚の写真は切手サイズくらいになる。ベタをじっと見る。これはなんの写真だ?ああ、あのときの写真だ。小さな写真を見ながらどこで...

続きを読む

2B Channnel

W氏がYoutubeを始めました。2B Channnel写真にまつわるあれこれをカメラの前で話しています。今まで主にブログなどで文字を使って書いていたものを映像化する、というイメージだそうです。映像なので情報量も多く、アーカイブにも向いているようです。ぼくはラジオを聞いているような感じで視聴しています。「2B」は今はなくなってしまったワークショップの名前。江古田のビルの2B号室で行われていたので2B。2Bにはたくさんの人が...

続きを読む

早朝と写真

旅行にでかけたときの楽しみは早朝の撮影。目覚ましは夜明けの1時間ほど前にセット。窓の外はまだ真っ暗。さっと着替えてカメラとフィルムをバッグの中に入れる。ホテルのカードキーを忘れずに持ち、部屋のドアを閉める。明かりがついたままの静まり返ったホテルのフロントを通り、外に出る。日中歩いたときとは違う、まだ人や車がかき回す前の少しひんやりとした空気を感じる。東の空は濃い群青色をしている。右に向かうか、左に...

続きを読む

フィルムとX線検査17 オランダ2019

2019年3月、モノクロフィルムを持って海外に行ってきた。行先はオランダとベルギー。持って行ったフィルムはコダックの「Tri-X」30本。これからフィルムをもって海外に行こうという方の参考になれば幸いです。【準備】事前の準備はいつも通りに行う。・フィルムは必ず機内持ち込みする・フィルムは紙箱からすべて出し、フィルムケースに入れたまま透明のジップロックに入れる・一度X線の検査を受けたフィルムは持っていかない(X線...

続きを読む

フィルムケースとパトローネ

展覧会が終わってひと段落したので暗室に入る。春から初夏にかけて、ほとんど暗室に入ることがなかった。いい気候で作業しやすい時期なのに、出かけることが多くもったいないことをした。お盆が近づき、街が静かになった。家の前の駐車場もがらんとしている。暗室のエアコンは相変わらず壊れたまま。いつか新調する時がくるのだろうか。エアコンが壊れたままの男は涼しい時間に仕事する。朝5時くらいに起きて7時前から作業。だんだ...

続きを読む

プロフィール

Author:泉大悟 Daigo IZUMI
Website
http://www.dizumi.com/
Instagram
izumi_daigo/

ブログ内検索