記事一覧

ゆっくり急ぐ

12月はなんだかあっという間に過ぎてしまった。暗室に入る時間があまりとれなかったので、年内に撮影したフィルムが一部2020年に持ち越しに。写真を撮るのにはあまり時間はかからない。でも選ぶのに時間がかかる。時間がかかるというか、時間をかける。寝かせる時間、撮ったものを忘れる時間、人の作品を見る時間、考える時間、何もしない時間。そうしたいくつかの種類の時間を用意して、自分の写真と距離をとる。お気に入りや思い...

続きを読む

オランダ、ベルギー・フランダーススケッチマップ

画伯が冊子を作りました。オランダ政府観光局、ベルギー・フランダース政府観光局発行の冊子になります。画伯は毎年個展のときに「スケッチジャーナル」という冊子を作成販売しています。A2サイズの紙を折りたたんだもので、表面には旅行中に描いたスケッチやノートをまとめたものが、裏面には旅行中の写真が並んでいるものです。今回そのジャーナルとほぼ同じ形式をとり、裏面の写真のかわりに訪れた8都市の地図を掲載した冊子を...

続きを読む

191203

冷蔵庫がからっぽになってきた。来年の展覧会用のプリントを作った。作ってはみたものの、それらの写真がいいのか悪いのか、よくわからない。これは始めたときからずっと同じだ。いいか悪いかはわからないけど、恥ずかしいものではない。自分で写真を撮って、現像して、選んで、プリントする。すべて自分で決めているから、わからないなりにも、言葉にはうまくできないながらも、なんとなく納得できる水準というものがある。それは...

続きを読む

部屋を作る

秋の暗室週間もひと段落。ここ数年ヨーロッパ旅行に行く機会に恵まれ、旅先の宿やカフェ、蚤の市などで古い家具を上手に使っているのを目にしていた。その影響か、近頃ヴィンテージの家具を買うようになった。海外からやってきたぼくの年齢よりはるかに上と思われる古い椅子や箱など、お手頃なものを見つける度、ちょくちょく買ってきては家の中の雰囲気が少しずつ変わっていくのを楽しんでいる。ぴんとくるものがすぐに見つかるわ...

続きを読む

足跡

シャインマスカットがおいしい季節。だいぶ涼しくなってきたので暗室作業に取り組む。いくつかたまっていたネガからベタ焼き(コンタクトプリント)を作る。ベタ焼きはその名の通りネガを印画紙にベタっと密着させて作る。36枚撮りのフィルム一本分の写真が一枚の印画紙に小さく並んでいるものだ。一枚の写真は切手サイズくらいになる。ベタをじっと見る。これはなんの写真だ?ああ、あのときの写真だ。小さな写真を見ながらどこで...

続きを読む

プロフィール

Author:泉大悟 Daigo IZUMI
Website
http://www.dizumi.com/
Instagram
izumi_daigo/

ブログ内検索