記事一覧

いざというときのための重さ

テレビにYoutubeの焚き火の映像を映す。ぼーっと眺めていられる。3ヶ月ほど髪を切っていなかったので、そろそろ一度手入れをしてもらおうと久しぶりに都内に出かけた。自粛が続き、撮影の仕事はだいたい消えて無くなったので、この春は電車に乗る機会があまりなかった。イタリアの画材屋さんで買ったトートバッグに荷物を入れて出かける。ぼくのバッグはちょっと重い。フィルムの入った一眼レフカメラが入っているからだ。これがな...

続きを読む

小さな写真

毛布を干し、ダウンジャケットを洗濯機で洗う。暗室でネガを見直していると、知り合いの顔が写ったコマがあった。ぼくは日頃制作用にとカメラを持ち歩いている。日本にいるときも、旅行に行くときも、出かけるときはほぼ持ち歩いている。で、行く先々で見かけたものを撮影する。気になるものはいつ現れるかわからないから、それがいつ来てもいいようにカメラをひとつ、フィルム一本をカバンの中に入れて持ち歩く。そのカメラを使っ...

続きを読む

暗室で使っているもの

暗室作業で使用しているものについて聞かれたのでまとめてみました。暗室用品は昔に比べると減っていたり値段が上がっていたりすると思いますが、まだ普通に買えます。製造終了となってしまった道具もありますが、ヤフオクなどで中古が見つかるかと思います。主にアマゾンとヨドバシ.comでできるだけ探してみました。これから暗室を作ろうとしている方、フィルム現像やプリントをしてみようと思う方の参考になれば幸いです(以下ち...

続きを読む

整理整頓する

春野菜がおいしい。家にいる時間が長い今日この頃。もともと外出するよりも家にいる時間が長い方だったけど、ここまでおおっぴらに思う存分家にいることができる日が来るとは。かねてより気になっていた収納の整理を少しずつ行なう。クローゼットの中、押し入れの中、タンスの中。散らかりつつあることは薄々わかっていたが、まとまった時間がとれないことを理由に目を瞑ってきた場所がいくつかある。いよいよそれらを片すチャンス...

続きを読む

本を待つ

自宅待機する春。SNSを眺めていると、ときどき気になる本が見つかることがある。内容が気になったり表紙が気になったりと注目する点は様々だが、自分が知ることのない本と出会う場としてSNSは有用な場所だ。ぼくは自分が関心があるものがはっきりしていない。電車が好きだとか、植物が好きだとか、投資に関心があるとか、すぱっと言えるといいのだけどなかなか一言でうまく言えない。唯一はっきりしているのは、何に関心があるのか...

続きを読む

プロフィール

Author: 泉 大悟 / Daigo IZUMI
モノクローム写真を撮っています。

Website
http://www.dizumi.com/
Instagram
izumi_daigo/

ブログ内検索