記事一覧

行きつけ

お茶いこう。暗室でベタ焼きを一通り焼き終えて事務所に戻ると、先生(以後W氏)が声をかけてきた。ぶらりと歩いて近所の古い喫茶店へ。ここがW氏の行きつけ。学生時代から来ているというからかれこれ30年くらいか。広くはないけど体に染み付くような空間で、落ち着く。入店の際に棚から週刊誌(漫画)を数冊持っていく。ぼくもつられてモーニングを手に取って後に続く。「GIANT KILLING」の巻頭カラーを見ながら店内を見渡してみ...

続きを読む

100本

初学者はとにかく日々訓練。なのでまず量を撮ることを心がけてます。きっかけは撮影帰りのこんな会話の一言から。「フィルム100本撮れば何かが少しわかるよ」さらりと100本という言葉。100本。100本か。そうか。語学学習で言うと基礎レベルは黙って文法と単語をとにかく詰め込むような感じに近い気がする。今はまだフィルムが使える環境なので、銀塩写真のプロセスを事細かに知れて嬉しい。「モノクロで撮影・自分で現像・引き伸ば...

続きを読む

アシスタントになる

突然ですが、少し前に写真家のアシスタントに就きました。学校等で専門的な教育を受けていない身としては、採ってもらえただけで幸せいっぱい。毎回写真のイロハを学ばせてもらってます。...

続きを読む

プロフィール

Author:Daigo IZUMI /泉大悟
Photographer.

Website
http://www.dizumi.com/
Instagram
izumi_daigo/

ブログ内検索

月別アーカイブ