記事一覧

わたしの旅に何をする

奥さんが2週間の旅に出ていった。行き先は台湾とバリ。こちらは一人でお留守番だ。昨夜、なにか旅ものの本でも渡そうと思って帰宅途中に本屋に立ち寄り、読んでみたかった宮田珠己の「わたしの旅に何をする」を買ってみる。読まずに渡すのも何なので、少し読んでみようかと帰り道電車の中で読み始めたら勢い余って一気に読んでしまった。これならクスクスできるし軽い感じで読める。旅行のお供には持ってこいじゃないだろうか。考...

続きを読む

ミスは続く

今年一番の冷え込みの日。9℃。水道から出てくる水は日に日に冷たくなる。そんな日に朝から一人、事務所の暗室にこもってフィルム現像。もらった風邪は約1週間かけてほぼ復活したが、風邪のあとは頭がしゃきっとしない。頭にも薄いもやがかかっている感じ。そのせいかよくミスした。まず現像時間のオーバー。7分間現像するところを1分ほど長く現像してしまった。ストップウォッチを見てあわてて止める。これだけはやるまいと心に誓...

続きを読む

暗室にて

ここ1ヶ月ほど、時間を見つけては事務所の暗室にこもっている。ビルの一部屋が丸々暗室として使われていて、水まわりも冷暖房も完備。おかげで初心者のぼくもすこぶる快適に使うことができる。長居したくなる空間。初めて暗室に入ったときは、なんだかよく分からない顕微鏡みたいなものや、ベッドみたいな大きな機械が並んでいて、こんなの上手く使えるのか?と訳もなく不安になったりもした。基本的に機械物に目を輝かせるタイプ...

続きを読む

うつる

12:00に事務所集合。機材をどさっと載せた車で撮影地に向かう。今日はお台場まで約1時間の都内ドライブ。助手席に座るW氏はマスクをしてる。ごほごほしてる。先日から風邪をひいているのだ。やばいなーうつるかなーと思いながらさりげなく窓を開けたりして換気する。マスクしてくれてるけどどうだろうか。こっちもしないと意味ないんじゃないか?と若干の不安を胸に刻みながら車を走らせる。現場に着いたらすぐ手洗いうがい。出来...

続きを読む

サルガド

開催中の写真展を見に都写美へ。目黒から線路沿いを軽く迷いながら歩く。「音楽やりながらプレスリーを知らないようなもんだよ」これから行く写真展の作家、セバスチャン・サルガドを知らない無知なぼくにW氏は語りかける。それはよろしくない。キングを知らないとは何事だろう。リロ&スティッチにもついていけない不勉強さを恥じる。パンフレットによると、サルガド氏はアフリカを撮り続けている人で、フォトドキュメンタリーの...

続きを読む

雑誌に名前が

記念だ。写真の雑誌に名前が出た。新しいデジタルカメラを持って小さな旅へ。そんな雑誌の企画のため、先日W氏にくっついて撮影に行った。任務はW氏が旅の撮影をしているところを撮れ、というもの。その掲載号が事務所に届いていたので開いてみると、そこにはそのとき撮った旅の写真が3枚掲載されていた。しかも名前までちゃんと出てる。く、すごい。「うわ、名前でてる」「こうすると編集部に名前を覚えてもらえるじゃない」なん...

続きを読む

プロフィール

Author:Daigo IZUMI /泉大悟
Photographer. 
モノクローム写真が好きです。

Website
http://www.dizumi.com/
Instagram
izumi_daigo/

ブログ内検索

月別アーカイブ