記事一覧

画伯の個展が始まる

梅雨のように雨が降ったり止んだりしている。意外と涼しい夏だ。
来週8/1(月)から画伯の個展が始まる。
去年と今年、ハワイのオアフ島とハワイ島を訪れてスケッチしたもの。おかげでぼくも2回ハワイを楽しむことができた。画伯様々だ。
去年のバリのスケッチ展を終えてからハワイへ行き、1年かけて絵を描きためてきた。その数およそ300枚。途中で何かの壁を越えたかのように絵に変化が出てきて、素人目に見て...

続きを読む

暗室の手伝いを終える

今年は蝉があまり鳴いていない。去年は夜中もうるさかった。ちょうどアナログ放送が終了した日、W氏の暗室ワークショップの手伝いを終えることになった。手伝うこと約1年半。あっという間だった。参加者に印画紙を手渡したり、イーゼルの合わせ方やピント合わせを手伝ったり、参考となる露光時間を教えたりしながら暗室ワークショップの補助をしてきた。思えばよく暗室の手伝いをできるようになったものだ。W氏のところで学ぶ前、...

続きを読む

レインボーサンダル

夏になると毎日のようにビーチサンダルを履く。近所はもちろん、都内もサンダルで歩く。そしてサンダルで一日中歩き回る。泳げないからビーチや海とは縁がないけどビーチサンダルは履く。濡れることのないビーチサンダルでペタペタ歩く。こうなってしまったのはとあるビーチサンダルに出会ってからだ。それは「Rainbow Sandals」というブランドのビーチサンダル。出会ってからはや7年ほどになる。今年オアフ島のハレイワに行ったと...

続きを読む

車一台分いただく

朝4:30には外は明るくなっている。なでしこジャパンの試合を見て知った。近頃W氏のワークショップの人に会うと、もうすぐ独立ですか?と聞かれる。ニコンサロンで個展もしたのでそろそろアシスタント卒業、とW氏が日記に書いたからだ。しかしぼく自身もいつ卒業かがはっきりとわからない。そこでW氏に「いつ卒業でしょうか?」と聞くと「もう卒業なんじゃないの?」という。卒業の日はよくわからないが、どうやら今ぼくは限りなく...

続きを読む

暗室番の一日

一日事務所で留守番をしていた。W氏はワークショップの撮影実習で外出中。外は日射しがギラギラしていてとても暑そうだ。午前は静かで、W氏が戻ってくる午後になるとにぎやかになる。週末の留守番は大体いつもそんな感じ。静かな午前は一人でサインの練習をしていた。販売したプリントの裏にサインを入れるためだ。当然ながらサインなんて書いたことがない。まさかサインを考えることになるとは。数年前は考えられないことだ。それ...

続きを読む

カメラを撮る

関東地方の梅雨が明けた。プリントのために暗室に通っていたある日、カメラの写真を撮れという指示が出た。現在製作中のW氏の本に使うためらしい。光栄なことだ。「このカメラを撮れ。かっこよくな」そう言いながら渡されたカメラはローライのSLX。この「かっこよく」がくせ者だ。W氏が思い描くかっこよさを聞き出すことから始めなければならない。しかし「かっこよく、だよ」とか「お!っと目を引くような」とかそういう具合の指...

続きを読む

プリントをする

梅雨明け目前。短パンビーサンフル稼働。いっしょにグループ展に参加した人たちがアルルに行っている。フランスの風景が添付されたツイートを見る度、フランスは洒落ているなと心底思う。セーヌ左岸でアイスを食べるだけでかっこいい。チャオプラヤー川でアイスを食べたけどどうも勝てない気がする。ここ数日暗室に通っている。W氏が個展で売れた作品をプリントするのを手伝っている。2日ほどかけて作業をしつつ、便乗して自分のプ...

続きを読む

プロフィール

Author:Daigo IZUMI /泉大悟
Photographer. 
モノクローム写真が好きです。

Website
http://www.dizumi.com/
Instagram
izumi_daigo/

ブログ内検索

月別アーカイブ