記事一覧

すべてはよりよい写真のために

日射しが少し弱くなってきた。日陰は涼しく、風がひんやりしている。アシスタントの契約期間が終了した。期間は2009年9月から2011年8月の2年間。いろいろなことが昨日のように思い出せるので、2年も経ったなんてうそのようだ。W氏はもともとアシスタントの募集はしていなかった。そこに強引に頼み込んでみた。当時ぼくは30歳で、会社もすでに辞めていた。知識も経験もなければあともない。あるのは決意だけ。いらない、と言ってい...

続きを読む

写真を買う

ほどよい暑さで過ごしやすい。夜が涼しい夏は大歓迎。先日、写真を一枚買った。人生初の作品購入だ。作品はかねてから買ってみたいと思っていた。ビューイングなどで作品を買う機会を横目で見ていたので、いいなーいつかは買いたいなーと長いこと思いを募らせていた。6月の個展を通じて作品を買ってもらえたので、これを機にぼくも作品を買うことにした。向かった場所は清澄白河の赤々舎。見に行ったのは藤岡亜弥氏の個展「Life St...

続きを読む

北京のネガをプリントする

出かける前、空を見ると少し雲が出ていた。雨は降らない方に賭けて洗濯物をそのままにしていったら夕立が。北京に留学していたとき、記念写真をよく撮っていた。コダックのカラーネガフィルムをプラスチックのおもちゃのようなカメラに入れて、友達や街並をパチパチと撮っていた。撮り終わると学校のそばにあったコダックのお店で同時プリントをしてもらうということを繰り返していた。90年代後半、ぼくはまだ未成年で、インターネ...

続きを読む

旅行は疲れる

寝る時に扇風機すら使っていない夏。画伯の個展も残すところ最終日のみ。連日たくさんの人が来てくれて嬉しい限りだ。毎朝決まった時間に家を出て、二人で駅まで歩く。当駅始発の電車に乗り、新橋まで行く。二人揃って毎朝出かけるのは一年の間でこのときだけ。ちょっとした旅行気分だ。会期中は後半になると疲れがたまってくる。会場で手伝いをしているだけのぼくですら生意気に疲れるときがある。画伯は昨日から「チョコラBBロー...

続きを読む

iPadとフレーム

夕方スコールのような雨。画伯の個展を手伝うため、毎日新橋まで通っている。会場の月光荘は新橋から歩くと近い。会場では旅先で撮った写真をスライドショーで展示している。画伯は現地で絵を描く他に、帰国後も写真を参考にたくさん絵を描く。展示しているのはその絵を描くための記録写真だ。去年はiBookにデータを入れて流していたが、机の上に置いてあると複数の人が見れなくてうまくいかなかった。今年は壁にかけたい。画伯は...

続きを読む

プロフィール

Author:Daigo IZUMI /泉大悟
Photographer. 
モノクローム写真が好きです。

Website
http://www.dizumi.com/
Instagram
izumi_daigo/

ブログ内検索

月別アーカイブ