記事一覧

カメラマンと呼ばれて

この冬は湯豆腐をよく食べている。ここ一年ほど、仕事でとある保育園に通って撮影をしている。季節の行事ごとに出向き、園児たちの様子を撮影するというものだ。今年度はすべての行事に参加してきた。運動会、お泊まり会、発表会にクリスマス会。年間の行事を撮っているうちに、年長の子の顔は大体覚えてしまった。彼らはぼくのことを「カメラマン」と呼ぶ。「カメラマン、写真撮って」「カメラマン、写真見せて」という具合に。「...

続きを読む

普通の発売日

夕飯を食べていると雹が降った。「台湾旅ノート」が発売になった。最初に書店で見かけたのはW氏の個展を見るために訪れた新中野駅前の書店だった。店内の看板を見渡し、旅行書のところを探すと3冊並んでいた。書棚に並んだ3冊の背表紙はやけに落ち着いていて、周りの本と馴染んでいるように見えた。発売日だからといって何か未知なる力が働いて本が輝きを放っている、というようなことはなかった。特別目を引くことも輝いて見える...

続きを読む

新年は風邪とともに

からりとした青空が広がっている。年末に微妙な風邪をどこかでもらい、微熱とともに年末年始を過ごした。寝ても薬を飲んでもなかなかすっきりせず、ぼんやりとした頭でどこかに出かけては翌日寝込む、というのを繰り返していた。年が明け、田舎に帰ったときに初詣に行った。東京の外れにあるぼくの故郷では元旦雪が舞った。川の近くにある神社に行くと一瞬吹雪のようになり、目の前が真っ白になるほどだった。神社で初詣の列に並ん...

続きを読む

プロフィール

Author:Daigo IZUMI /泉大悟
Photographer. 
モノクローム写真が好きです。

Website
http://www.dizumi.com/
Instagram
izumi_daigo/

ブログ内検索

月別アーカイブ