記事一覧

フィルムとX線検査7 台湾 2012

フィルムを持ってまた台湾に行ってきた。
持って行ったのはモノクロフィルム「T-MAX400」25本。
前回と同じ場所でフィルムも同じなので目新しさがない。

今回も羽田−松山空港のルートで行くことに。
いつもどおりの手順で準備をする。

【やること】
・フィルムは紙箱からすべて出す
・フィルムはフィルムケースに入れたまま、透明のジップロックに入れる
・機内持ち込みする荷物とは別にフィルムを入れるバッグも用意する
 (布のトートバッグを用意)
・カメラ本体にはフィルムは入れないでおく
・手荷物検査で機械に通す前に「フィルムです、ハンドチェックお願いします」と検査官に伝える

結果から言うと今回も行き帰りともにハンドチェックに成功。
現像した結果も問題なかった。

ちなみにカメラにフィルムが入っていて、
羽田と松山両方でX線に通したがなんの影響もなかった。

【行き】
近頃羽田はしっかりチェックをしている。
検査官がフィルムを一本一本ケースから出してしっかり確認する。
ちょっと時間がかかるけどとても丁寧な対応をしてくれるのでこちらが恐縮してしまう。
チェックが終わると「いい写真が撮れるといいですね」と声をかけられた。
なんか嬉しい。

【帰り】
対して松山空港のチェックは今回も実にスピーディーだった。
フィルムの入ったジップロックをがしゃがしゃと揺すって終了。
好きだ、松山空港。

一度松山空港の便利さを知ってしまうともう桃園国際空港には戻れない。
桃園国際空港が成田なら、松山空港は池袋とか初台あたりにある感じがする。
台北に行くときは市内にある松山空港がおすすめです。


247.jpg

愛すべき松山空港のデッキにある看板。
「禁止烤肉」( Do not barbecue)がひときわ目を引く。



関連記事

プロフィール

Author: 泉 大悟 / Daigo IZUMI
モノクローム写真を撮っています。

Website
http://www.dizumi.com/
Instagram
izumi_daigo/

ブログ内検索

月別アーカイブ