記事一覧

XTOL

日が長くなった。いい天気が続きすぎて乾燥している。

Twitterを見ていたらいつも使っているフィルム現像液「XTOL(エクストール)」が販売終了になっているとの情報が出ていた。慌ててヨドバシカメラのサイトを確認すると赤い字で「販売終了」の4文字が表示された。きみは何を言ってるんだ。

W氏のところでフィルム現像を教えてもらったのが2009年のこと。以来ずっとXTOLだけを使ってフィルムの現像をしてきた。暑い日も寒い日もXTOL、現像の仕方が下手でフィルムに傷をつけたときもXTOL、定着不足でおかしな色のネガを作ってしまったときもXTOL、安定したネガを作れるようになってきた頃もXTOL。今も次回もXTOL。フィルム現像は常にXTOLとともにあった。

XTOLはAパート、Bパート二つの薬品を水に混ぜて5Lの現像液を作る。6Lのバケツを買い、5Lの所に線を引き、XTOL専用バケツを作った。20℃前後の水を4L用意し、Aパートの薬品を溶かす。水に色がつきはじめる。しっかり混ぜても薬品はなかなか溶けきらない。撹拌棒でぐるぐると回すとうずまきができる。溶けきらなかった薬品はうずの中央に集まってきて固まりになる。それを棒で砕くように叩く。

固まりがほとんど消えたら次はBパートの薬品を溶かす。薬品を入れた瞬間、色のついた水が無色透明にパーッと変わる。この瞬間が結構好きだ。そしてまた溶けきらない忌々しい固まりを叩きつぶすようにして撹拌を続ける。最後に5Lになるように水を追加してできあがり。定期的に行うこの作業がなくなってしまうかもしれないというのか。

突然の別れは酷だ。たった4文字、「販売終了」とだけ言われても。せめて理由くらい聞かせてほしい。

手元にあるXTOLはあと一袋。しばらくは持つ。さらに知り合いの人から譲ってもらうことができればもうしばらく持つ。コダックからは「販売終了します」というアナウンスが出ていないようなので、生産終了ではない。ストックのあるうちに「販売再開」という4文字とともにしれっと戻ってきてくれればOKだ。I LOVE XTOL。私はXTOLです。

--
2014年5月4日追記。後日談。5月頭、何気なくヨドバシカメラのサイトで「XTOL」と検索したら復活していた。今までのエクストールというカタカナ表記は消えてXTOLになった。値段はなぜか50円安くなっていた。おかえりXTOL!ということでお祝いに一袋注文した。

プロフィール

Author:泉大悟 Daigo IZUMI
Website
http://www.dizumi.com/
Instagram
izumi_daigo/

月別アーカイブ