記事一覧

ハンバーガーを愛する

25℃を超えると初夏のよう。ビーチサンダルで近所のスーパーにアイスを買いにいく。

画伯の妹から頂いたバーガーチケットを使ってハンバーガーを食べてきた。バーガーチケットはチケットに書いてあるこだわりのハンバーガーショップでハンバーガーを食べることができるチケット。カタログがついていて、好きな店を一店選ぶことができる。どの店にするかさんざん迷ったあげく本郷三丁目にある「FIRE HOUSE」という老舗に行ってみることにした。

チケットを渡しダブルチーズバーガーとコーラを頼む。いっしょに行った画伯はアボカドバーガーとやはりコーラ。快晴の土曜のお昼にはハンバーガーとコーラしかない。こだわりの店とあってさすがに見た目も味も強烈だった。すぐに手をつけずしばし眺めていたら、たっぷりのせたチーズの上をバンズがするすると滑り落ちていった。まるで生きているかのようなチーズバーガー。さすが老舗、ためらいや妥協というものがない。たっぷり食べてとても満たされた気分になった。

ハンバーガーは大好きだ。多分毎日のように食べてもさほどつらくはないと思う。アメリカに住むことになってもそこだけは心配がない。過去にアメリカ旅行に行ったときは毎食のように食べても大丈夫だった。アシスタントをしているときはハンバーガーをほとんど食べないというW氏に無理矢理つきあわせたこともある。

巨大なハンバーガーを前にすると気分が高揚する。ハイになる。テーブルに出されたときのあの奇妙な喜びと楽しさ。アメリカではよく肥えたおばさんウェイトレスが「Enjoy!」とか言いながら出してくれたけどあのエンジョイ!という言葉と笑顔はハンバーガーによく合っていた。オーダーするたびに相づちが「グレイト」とか「ナイス」とか言っていたし、デザートをつけようかなと言ったら「パーフェクト」とまで言われて驚いた。注文をするだけで気分が盛り上がるあの感じ。オーダーひとつをとっても異文化を感じることができるものだ。

今までで一番おいしいと思ったハンバーガーはハワイ島のヒロにある「cronies bar and grill」のチーズバーガー。これは抜群においしい。2回食べて2回とも感動した。また行きたい。今すぐにでも。

ハンバーガーを食べるアメリカ旅行をしてみたい。有名店はもちろん小さな街のハンバーガーが思いがけずおいしかったりするのだろう。絶望的にいまいちなハンバーガーにも出会うのだろう。そういうのをもろもろ楽しみつつ、ハンバーガーを通してアメリカを見つめてみたい。

プロフィール

Author:Daigo IZUMI /泉大悟
Photographer.

Website
http://www.dizumi.com/
Instagram
izumi_daigo/

ブログ内検索

月別アーカイブ