記事一覧

フィルムが値上がる

梅雨入り。夏のような暑さがおさまって助かる。ここ数年夏の暑さがきつく感じるようになっている。

去る5月の連休の初めころ、コダックのモノクロフィルムの値段が上がるという告知が出た。6月から値段が1.5倍ほどになるという。多くの人にとって無関係極まりないニュースだが、周辺のモノクロフィルムで写真を撮る人の間では結構話題になっていた。今600円のフィルムが900円。これは強烈。

値上がり前の駆け込み需要はすさまじいようで、5月頭に注文したTri-Xが全然届かない。梅雨になり近所のあじさいが咲いてもまだ届かない。6月パリ旅行に行く友人もフィルムの調達に苦労していた。

今回は値上げするらしいよ、とかそういう噂とか前触れが一切なかった。おかげで連休前のすがすがしい5月の風も値上げの衝撃で吹き飛んでしまった。35mmフィルムは高くても一本500円くらいという漠然としたイメージが頭にあったので、一本1,000円近いフィルムのイメージがうまくできなかった。

インターネットを見ていると様々な反応があった。ある人は言っていた。毎日10本20本という量を消費するわけではないのでどうとでもなるだろう。またある人は言っていた。土門拳の時代はもっと高かった。とりあえず1年分はストックしてなくなったときにどうするか考えるという人もいた。フィルムの値上がりというイベントを通じて様々な声が聞こえてきた。

ぼくも最初は困ったことになったと頭を抱えたが、抱えてもどうにもならないので悩むのはやめた。こちらの考え方を改めるしかない(写真を始めてから物や状況に体を合わせる、という受け身な考え方が身に付いた)。

これからの時代、フィルムは一本1,000円が当たり前なのだ。これが常識だ。と思うことにする。一本500円?そいつは完全に時代遅れだ。一体いつの話をしているんだ?と思うことにする。さらにまだ製造が続いてよかったじゃないか、と言い聞かせる。あの手この手を使って気持ちだけは新しい時代に慣れようとしているが、いかんせん財布が正直なせいでなかなか慣れるのに時間がかかりそうだ。とりあえず5月頭に注文したフィルムはそろそろ届いてほしい。

プロフィール

Author:泉大悟 Daigo IZUMI
Website
http://www.dizumi.com/
Instagram
izumi_daigo/

月別アーカイブ