記事一覧

個展準備日記3

今年のゴールデンウィークは初夏のよう。ビーチサンダルを出してしまった。

展示するプリントがひと通りできあがり、一安心。バライタプレスは持っていないので、W氏の事務所でフラットニングをさせてもらった。

昨年から展示できる場所をぼちぼち探していた。ここ数年、国内や海外を旅行をしているときに「こんなところで展示ができたら素敵だなー」と思うような場所にいくつか出会うことがあった。そうした場所で展示することを想像しているうちに、自分がどんなところで展示をしてみたいのか考えるようになった。

いいなーと思った場所は大体少し古い建物で、静かな落ち着いた場所だった。そんなイメージを持ちながら都内でレンタルギャラリーを探していたところ、銀座にある画材店月光荘に「画室3」という部屋があることを知った。

古い雑居ビルの4階にあるその部屋は、コーヒー色をした古い木の床がいい雰囲気だった。しばらく貸し出しはしていなかったが、今年になって再開したとのこと。壁やドアをスタッフの人が塗り直したらしく、その手作りのぴちっとしすぎていない感じがよかった。

部屋にはレコードプレーヤーとスピーカーが置いてあって、プレーヤーを開けると中にはトム・ウェイツのレコードが入っていた。聴いてみたかったがどうも針が古くて聴けないらしい。

奥から部屋の中を見回す。大きすぎない部屋の中に写真を並べた光景をイメージすると、ここで展示をしてみたいという気持ちがむくむくと湧いてきた。こういうのは縁だと思う。

展示する枚数は23枚。印画紙はイルフォード・ウォームトーンでサイズは11x14インチ(大四切)。カメラは前に友人から譲り受けたニコンのF3と50mm f1.4。引き伸ばし機はフォコマート2Cです。

プロフィール

Author:Daigo IZUMI /泉大悟
Photographer.

Website
http://www.dizumi.com/
Instagram
izumi_daigo/

ブログ内検索

月別アーカイブ