記事一覧

夏の仕事

8月に入ったら暑さが本格的になってきた。秋が待ち遠しい。

珍しく都内で一泊する仕事があった。先輩カメラマンF氏のヘルプでとあるIT企業のイベントの撮影を手伝う。ホテルの大部分を貸し切っての大きなイベント。社会の基盤となる事業を行う会社のイベントはスケールが大きい。

スーツに身を包み、ズームレンズと脚立を片手に朝から晩までビジネスマンにまじって働く。前にも何度かあったが、イベントのスケジュールがかなりタイトなので抑えるべきものを抑えるために機械のように撮影をする。報道の人達もいたが、こうした仕事を日々行っているかと思うとそのタフさに頭が下がる。二日間の撮影が終わる頃には体がぐったりしていた。つくづく体が資本だと思う。

雑誌「東京人」のサントリーの撮影で高円寺へ。場所は高円寺の古本酒場「コクテイル」。開店前の時間にお邪魔して撮影をさせてもらう。準備をしている最中、ふと本棚にあった本を手に取る。値段がついていて買うことができるようだった。カウンターにはフランス語の翻訳本があり、聞けばお店の人が訳したものだった。

撮影をする人は漫画原作者の久住昌之さん。久住氏はW氏のアシスタントをしているときに社会科見学ツアーでお会いしたことがある。2010年の話だから6年前だ。6年後に自分で撮影することを思うと感慨深いものがある。撮影していると店の外に外国人ツーリストが覗いていた。「シューティング」とつぶやくのが聞こえる。撮影は数分でおしまい。撮影用に作ってもらったハイボールを少し飲んだら気が抜けて眠くなった。


1608.jpg
発売中の2016年9月号です

プロフィール

Author:Daigo IZUMI /泉大悟
Photographer.

Website
http://www.dizumi.com/
Instagram
izumi_daigo/

ブログ内検索

月別アーカイブ