記事一覧

オーロラシューズを新調する

オーロラシューズを新調した。

履き始めて約15年。今履いているものはだいぶくたびれてきた。ソール交換はすでに3回行っている。まだまだ履けるのだが、今年に入ってトラブルが生じた。アッパーとソールをつなぐステッチの部分が切れ始めて穴が空き始めたのだ。

穴があいているものを履き続けるのはよろしくない。履き続けても悪くなることはあってもよくなることはない。修理できるかできないかはわからないが、とりあえずそろそろ新しい一足が必要だという気持ちが日に日に高まっていった。

オーロラシューズを取り扱う店、代官山のG.O.D.に立ち寄ると、ちょうど各種サイズが入荷したところだった。人気のある靴なので入荷時期を逃すと3ヶ月待ちということもある。入荷は年4回とのことだ。

自分の足のサイズを出してもらい試着する。革が分厚く、硬く感じる。履きなれた靴と同じ商品とは思えない。つま先には十分余裕があるが横幅がきつい。きついが横には伸びるので問題ない。

店内を歩いてみると踵が浮かない。今履いているものは伸びすぎてしまっているのか足のホールディングが弱く歩くときに踵が浮いてしまう。冬分厚い靴下を履いたりしているのでその大きさになってしまっているのだろう。裸足で履けば当然緩く感じる。

二つの靴を並べてみると同じ靴には思えなかった。すでに持っているものを買い直すのはいまいち盛り上がりにかけるなーと思っていたがその真新しい姿に気分一新、靴を買う楽しさがこみ上げてきた。




aurora01.jpg
左:古いもの 右:新しいもの 15年の経年変化。

aurora02.jpg
バックルの色はゴールドになった。

aurora03.jpg
昔のものはシルバー。

aurora04.jpg
内部にはロゴの刻印が入った。昔は手書き文字。

aurora05.jpg
右足。

プロフィール

Author:泉大悟 Daigo IZUMI
Website
http://www.dizumi.com/
Instagram
izumi_daigo/

月別アーカイブ