記事一覧

外国に持っていったフィルムを現像する

大掃除。空気が澄んで遠くがよく見える。自分の目がよくなったかのよう。

マレーシアで撮影したフィルムを現像している。まず2本現像してチェック。とりあえず問題はなさそう。外国で撮ったフィルムからネガができあがると、長い道のりであったと思ってしまう。

カメラが正常に動き、フィルムには問題がなく、荷物を盗まれたり置き忘れてきたりしない。体調を崩すことなく、撮りたいと思うものに出会い、毎日フィルム数本を使うことができ、空港の手荷物検査でX線をあてられることなく、無事帰国する。そして適切な手順で行われた現像を経て、ようやくネガができあがる。

今引き伸ばし機にセットしようとしているとネガは、そうした関門をひとつひとつ潜り抜けてきた歴戦の勇者であり猛者である。アメリカからまとめて購入したコダックのフィルムが我が家にやってきたのは今年の秋のこと。あのときダンボールから取り出したフィルムのうちの一本が、今手元にネガとなって存在する。よくぞここまで、と褒めてあげなければならない。とネガを見ながらついしみじみとした気分になってしまった。多分年末のせいだ。

今年も一年ありがとうございました。来年もまた展示ができるよう努めていきますので、2017年もどうぞよろしくお願いします。

皆様の新しい一年がよい一年になりますように。

プロフィール

Author:Daigo IZUMI /泉大悟
Photographer.

Website
http://www.dizumi.com/
Instagram
izumi_daigo/

ブログ内検索

月別アーカイブ