記事一覧

テストピース

暗室にあるテストピースが増えてきた。

テストピースは、その名のとおりプリントのテストに使う小さな印画紙。テスト用なので印画紙をはさみや手で小さくちぎって使う。それを一応乾燥させてとっておくようにしたらいつの間にか随分と溜まってしまった。

いい加減そろそろ処分しなければと思ったがゴミと一緒になって処分されてしまうことを想像するとどうにも寂しい。これらのテストピースがあったおかげで、本番を順調にプリントすることができたのだ。ということですべてとはいかずとも、状態のよさそうなものは残しておくようにしていた。

この前プラハに行った時、古書店をのぞくとレジ近くに古い写真やポストカードがどっさり置かれていた。ポストカードと言ってもそれは印画紙にプリントされた写真であって、その裏に住所やメッセージを書かれていた。

もちろん何が書いてあることはわからない。お誕生日おめでとうとか、引っ越しましたとか、あなたが好きですとか書いてあるのかもしれない。

こうした持ち主不明の写真やポストカードはテストピースと同様に、本来もうゴミとして処分されてしまっていてもおかしくないものだ。捨てられて、燃やされて、灰になって、この世から消えていてもおかしくないものが集まっている。そしてそれを見ながらどっかから来た東洋人が喜んでいる。

自分の写真もいつかこうした古書店のレジの横の棚に無造作に放り込まれていたら面白いなと思った。それをどこかの誰かが気に入ってくれたりするのだろうか。生まれた年も国もまるで違うどこかの誰か。

そんな出来事があって、古本屋を習ってぼくもテストピースを並べてみることにした。手のひらサイズの小さな写真を絵の具の跡が残る厚紙の上に置いてみると、束になっているときより生き生きとして見えた。

こちらのInstagramにアップしています。よろしければご覧ください。

プロフィール

Author:Daigo IZUMI /泉大悟
Photographer.

Website
http://www.dizumi.com/
Instagram
izumi_daigo/

ブログ内検索

月別アーカイブ