記事一覧

在庫充実の春

近所の桜はほぼ散った。

テストプリント用のRC印画紙がなくなってきたのでそろそろ追加しようと思っていたら、運良くサイバーグラフィックスのオンラインショップでアウトレット品を発見。

説明を見ると外装にダメージがあるようだ。箱に汚れ?凹み?傷?いえいえわたくしそのあたりは一向に気にしません。中の紙が無事ならなんでもOK。格安といっていいアウトレット品をウキウキしながら注文した。

今ぼくの手元にはフィルムがたくさん残っている。展覧会用に使っているイルフォードのバライタ印画紙も在庫がある。

フィルム、本番用バライタ印画紙、そしてテスト用RC印画紙。それらすべてが満タン状態になった。在庫がこんな充実した状態はいつ以来だろうか。この充実ぶりはちょっとした快感だ。

これから気温も上がって暗室作業がしやすい時期になる。いい季節を前にこんなに在庫が揃うなんて実に縁起がいい。

これであとは海外旅行にささっと出かけることができたら文句なし。材料も気持ちも満タンだが出かけることができないのは寂しい限りだ。ニュースでヨーロッパの状況を見る限り、旅行に行けるのはいつになることやら。

嘆きつつインスタグラムを開くと好きなアムステルダムのマーケットのアカウントがあった。アップされている写真には現地の変わらぬ風景が写っていた。また行きたいなーという気持ちがむくむくと膨らんでくる。

早起きしてマーケットを歩きたい。古い雑貨やら古写真やら本やらを見て回りたい。疲れたら近くにあるおいしいアップルパイを食べながら街ゆく人を眺めたい...。

過去の自分が過ごしていたそんな午前中は実に優雅で得難い時間だったのだ。とそんなことを再確認することのない日が早くきて欲しいと切に思う。
関連記事

プロフィール

Author: 泉 大悟 / Daigo IZUMI
モノクローム写真を撮っています。

Website
http://www.dizumi.com/
Instagram
izumi_daigo/

ブログ内検索

月別アーカイブ