記事一覧

エスプレッソを正しく飲む

イタリアに行ってからエスプレッソが好きになった。滞在中、ことあるごとに街中のバールに立ち寄っては1ユーロコインを片手にエスプレッソを飲んだ。今回イタリアに行くまでエスプレッソを飲む機会はほとんどなかった。コーヒーを凝縮した苦くて濃い味のエスプレッソはカフェイン中毒の人たちが気付けにぐいっとやるためのものだと思っていた。しかし現地の人たちは苦いまま飲んでなかった小さなカップがれたエスプレッソに砂糖を...

続きを読む

積み上がる印画紙の箱

フジロックのライブ配信を楽しむ週末。家にいながら思い切り楽しめて大満足。家の本棚に置いてある印画紙の箱が増えてきた。本棚をはみ出した箱は本棚の上に積み上がり、それが結構な量になってきた。中にはテストプリントが入っている。RCペーパーというトランプみたいな感触の印画紙にプリントした、セレクト用に作ったA4用紙くらいの大きさの写真。一箱にはだいたい100枚くらい入っているから、いっぱいになるとそれなりに重い...

続きを読む

モランディを訪ねる

イタリアの画家、モランディの作品を見るべくボローニャへ行ってきた。画伯が手配してくれたアパートメントは奇しくもモランディが住んでいたフォンダッツァ通りのすぐ近くで、徒歩3分でモランディの家にいくことができる場所だった。モランディはボローニャの有名人だから、街中いたるところにモランディの名前やグッズがあるのだろうと思っていた。モランディTシャツ、モランディマグカップ、モランディカレンダー、モランディソ...

続きを読む

イタリアに初めて行く

イタリアに行ってきた。少し長めの15日間。初めてのイタリアなので奮発した。巡ったのは北イタリア。ミラノ、ボローニャ、フィレンツェ、シエナ、の4都市に滞在した。ミラノでは絵の具メーカーの工場見学、ボローニャはモランディ。フィレンツェはルネサンス、シエナは絵の具の色。というような大雑把な大義名分が各都市の滞在にはあった。去年プラハに行きたいと言ったのはぼくだったが、今回のイタリアは画伯が行きたい場所だっ...

続きを読む

フィルムとX線検査14 イタリア2018

2018年6月、モノクロフィルムを持ってイタリアに行ってきた。持って行ったフィルムはコダック「Tri-X」。40本ほど持っていった。事前の準備はいつも通りに行う。【準備】・フィルムは必ず機内持ち込みする・フィルムは紙箱からすべて出し、フィルムケースに入れたまま透明のジップロックに入れる・手荷物検査で機械に通す前に「フィルムです、ハンドチェックお願いします」と検査官に伝える 英語では"This is a camera film, Coul...

続きを読む

プロフィール

Author:Daigo IZUMI /泉大悟
Photographer. 
モノクローム写真が好きです。

Website
http://www.dizumi.com/
Instagram
izumi_daigo/

ブログ内検索

月別アーカイブ