記事一覧

日陰を持ち歩く夏

最近人からおすすめされ、日傘を使うようになった。夏場は夕方にざっと雨が降ることもあるから、荷物の中に折り畳み傘を入れている。これが日傘兼用とあったので活用することにした。炎天下、14時、用事のために家を出る。日向を歩いているだけで汗が出る。そこで日傘をさしてみるとその違いは一目瞭然だった。日陰は持ち歩けるのだ。今まで日陰を選んで歩いていたのはなんだったんだ。帽子をかぶったり、麻の長袖のシャツを着てみ...

続きを読む

プロス作品を眺めたい

暑い日が続いている。ガリガリ君リッチチョコレートミント(とてもおいしい)を食べているとフランスから写真集が届いた。盛夏の日本にやってきたのはフランス人写真家ベルナール・プロス(Bernard Plossu)の「PARIS」。その名の通りパリを撮影したものだ。モノクロもあればカラーもあり、縦の写真もあれば横の写真もある。サイズも大きかったり小さかったりと、とにかく様々な写真が混在している。時間も混在していて、撮影年を見...

続きを読む

待つということ

すっかり夏になってしまった。しばらくの間寝かせていた写真を久しぶりに見直した。今年の個展はもともと5月に予定していたのだが、ギャラリーと相談した結果延期ということになった。DMまで作って準備してくれていただけに残念だ。また日程の調整をするので、開催時期が決まったらお知らせいたします。ということで次回分のプリントはできあがっているので、その次の分のプリントの製作を進めていた。春の外出自粛期間中に一部を...

続きを読む

トラックブレについて

本格的な夏が来る前にバライタのプリントを少しした(暗室に冷房がないもので)。いつもどおり掃除をしてプリント作業を進めていく。何枚かプリントしていくうちに、どうもピントがあまいような、ちょっとだけもやっとした写真が何枚かあることに気がついた。カメラで撮影するときにピントをあわせるときと同様に、引き伸ばし機で写真を大きく拡大するときにもピントはあわせないといけない。印画紙の表面にピントを合わせて、ネガ...

続きを読む

ガレージセールの写真

この前書いたスウェーデンのガレージセールの写真を探してみた。以前のハードディスクを漁った結果、撮影されていたのはわずか数枚だけだった。当時古い物への関心がいかに低かったかがうかがえる。嘆かわしい...。2013年6月、夏至の頃のスウェーデン、ダーラナ地方。毎年夏至の頃になるとまた行きたいなーと激しく思う場所です。出ていた看板。この奥でセールが行われていた。シリヤン湖。余談になるが、このとき使っていたカメラ...

続きを読む

プロフィール

Author: 泉 大悟 / Daigo IZUMI
モノクローム写真を撮っています。

Website
http://www.dizumi.com/
Instagram
izumi_daigo/

ブログ内検索